自身の炎上を語る

【Togetter】
・第三者によるtogetter纏め
枕狐先生、3か月ぶりに浮上し自身の炎上を語る&注意喚起→https://togetter.com/li/1118667
・枕狐本人によるtogetter纏め
【枕狐】10年に及ぶネットリンチ(集団リンチ)の覚え書き→https://togetter.com/li/1118853
※枕狐本人のまとめは自治のため批判や煽りコメントは削除するとしている。

枕狐氏は上記まとめの内容を「これまでのことに対する謝罪」としている
枕狐氏の謝罪の意志は、上記の纏めを実際にご覧になった上各自で判断して下さい

6月9日

夏コミ当落発表後
炎上語り1.png
R氏→枕狐のアンチ垢。S氏等と組んでいた事実はない。枕狐とは無関係な理由で垢消しした模様。

炎上語り002.png
S氏が進展を報告したのはS氏への粘着絡み3冒頭の初回の相談についてのみ。
以降(個人情報仄めかし等)の相談については一切伏せている。

唐突に長文を投下し始める
炎上語り03.png
「自分が被害者であるという主張はもうしない」「これまでのことに対する謝罪」として、80ツイートに及ぶ長文を二時間かけ投稿。
その中で、S氏との和解を望んでいることを表明する。
炎上語り02.png
炎上語り003.png
S氏への謝罪は上記のみ。
S氏の発言まとめへのリンクは執拗に貼るが、枕狐の発言まとめへの誘導は一切ない。
※まとめは枕狐氏の申請により削除されているものもある。

言い訳と他者への責任転嫁へ変移していく。
「無産」発言について
無産.png
S氏は自虐で「無産」と発言していた。
自信を卑下するために用いるのと、創作者が非創作者を蔑む為に用いるのでは大きく意味合いが異なる。
無産炎上当時の弁明→S氏への粘着絡み3

「死にかけのくらむぽんを棒で叩く」発言について
棒で.png
S氏はこの発言があったことを認めている
棒で2.png
S氏のものは「溺れた犬は棒で叩け」という諺が元になっていると思われる
「死にかけのくらむぽんを棒で叩く」発言→S氏への粘着絡み1

S氏が犯人だと誤解させるような被害報告を行い、S氏本人から訂正を求められるもスルーしている。
絡み4-04.png
※顔写真は過去に自身が「メイク指南」としてアップロードしたもの。

最終的に事実と異なる注意換気を行う→事実と異なる注意喚起

11月10日

なまこ(怠)アカウントにて「前垢で受けた被害や嫌がらせ」報告を行う。
【Togetter】
怠(枕狐)氏がネットで長年嫌がらせを受けてきた件→https://togetter.com/li/1169761
(前垢が枕狐であること等、不都合な事実は伏せている)

最終的に事実と異なる注意換気で終わった一連のツイートを以って「謝罪した」としていることを疑問視されている。
なまこに質問していた垢が「まとめのタイトルが謝罪関連ではないし内容も被害報告でよくわからない」とぼやくと、枕狐のTogetterタイトルが「【枕狐】10年に及ぶネットリンチ(集団リンチ)の覚え書き」から「【枕狐】今までの事に対する謝罪と10年に及ぶネットリンチ(集団リンチ)の覚え書き」に変更される。

  • 最終更新:2017-11-22 11:24:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード