M氏への粘着2

枕狐(怠)氏の主張(同様の主張をしくこく行うため、上部にまとめます)
・「枕狐が裁判相手の職場に乗り込んだ」というデマをM氏が流した
「個人情報調べて職場に電話とかあった」というM氏の最初の注意喚起を指してのもの。※
枕狐が「正式な弁護士を通しての交渉だ」と反論した際に間違った表現で注意喚起したことを詫びている。
しかし、最初の発言のみを取り上げ何度もデマだと騒いでいる。

・S氏からの嫌がらせや現実での被害を受け裁判を起こしたら「訴訟の力をチラつかせるなんて人としてやっちゃいけない」と介入してきた
M氏の発言は枕狐が刀剣界隈に乗り込んで来た2017年頭の発言。
2016年末には既に枕狐からS氏に和解交渉を持ちかけていた。
M氏が批判したのは、「個人情報を知っていることを仄めかす・弁護士を持ち出して相手を黙らせようとする姿勢」のことであり被害を受けて訴訟を起こすこと自体をを否定してはいない。

・S氏との裁判に介入し混乱させている、S氏をかばっている
そもそも裁判をおこせていない。
M氏は枕狐の過去の言動からくる注意喚起をしたのみ。

・艦これ界隈で起こった個人情報抜き出し詐欺に加担している
艦これ界隈で起こった事件と言っているが、個人情報抜き出し詐欺があったと訴えているのは枕狐のみ。
M氏が枕狐に対し「怠さんが枕狐さんと同一人物だと思われているので違うなら否定してあげて」と言ったのを、否定したら証拠を要求される→個人情報を要求されていると勝手に話を広げている。

※実際の発言ややり取りは関連togetterアカウント/魚拓一覧などで見ることができます。
逆に、枕狐(怠)が主張するものは思い違いであったり時系列や前後のやり取りを無視していたり証拠のないものばかりなのでご注意ください。

2月16日

怠垢にて中傷貼り紙被害を報告。
一連の被害報告に何故かM氏を巻き込む。
M01.png
>更に、…名指ししますね。絵師のM氏です。氏は私が裁判を起こした事に対して「裁判相手の職場に乗り込んだ」等のデマを吹聴していました。弁護士に確認をとりましたが、一切そのような行為はしておりません。
裁判相手に受けていた被害については以下を。

M02.png
>同人誌の続きを出せずにいたら執拗に粘着され、暴言を受け続けた事。
実名や実家の写真を晒され、デマの悪評を広められ、性的な侮辱を受け続けた事。
仕事先にもデマを広められ、職業にまで被害を受けたこと。他にも諸々。
>こうした明確な被害を受け続けているのに、裁判を起こせば「訴訟の力をチラつかせるなんて人としてやっちゃいけない」「若い子が怖がるから…」更には「相手の職場に突撃した」と裁判を混乱させるデマを吹聴する。M氏には心の底から怒りを感じます。

怠が掲載したM氏の発言は一年以上前のもの。
M003.jpg
スクショは注意喚起垢が過去に掲載したものとマスクに使用した絵文字スタンプが一致。
わざわざ"タイムスタンプを消して"転載したものと思われる。
一年以上前の発言のタイムスタンプを隠し、現在の貼り紙被害報告に話題を続けることで「現実で被害を受けても法に頼るな」と言っているかのように印象操作を行っている。

M04.png
>1点。M氏についての補足です。
以前、艦これ界隈で「おまえは枕狐の複垢だろう。違うなら保険証や体の写真を見せろ」等として個人情報を抜く事件が勃発していました。M氏はそんな中、私に関する上記のデマを言いふらし、更には「違うなら否定したら?」と先述の犯人と同じことを言いました。
>正直、裁判へのデマに関してもそうですし、M氏が何故外野なのに首を突っ込みたがるのか理解出来ません。裁判相手を嘘をついてまでかばって何になるのでしょう。他人の個人情報を抜き取ろうとして何になるのでしょう。疑問は尽きません。

怠の被害報告や印象操作から、M氏が犯人と誤解され批判・中傷される事態となる。
M氏が怠のミスリードについての説明を行うと、怠本人は誤解を解くどころか更にミスリードを誘うツイートを連発。
M10.png
>M氏(@ID)が現在「わたしは何もしてない!」とご立腹のようですが、こうしてログが現在検索しても出てきますので。
明確な被害を受けているのに「法の力をちらつかせるな」「若い子が怯えて可愛そう」ですか。
こういった被害を受けても黙殺される世界とどちらが怖いのでしょうね。
http://archive.is/U2F9w (添付画像付)

M11.png
>わたしが別の嫌がらせで弁護士を雇って裁判をしていたところ、首を突っ込んできたM氏が「裁判相手は被害者、職場に凸されたって言ってる」というデマを吹聴しましたので、依頼していた弁護士に電話し、記録と照らし合わせてもらい、「そのような行為はしていない」と回答を得ました。他になにか。

「そのような行為」は職場に電話したことを指していると思われる。「弁護士に依頼して職場に連絡を入れた」という自身の発言と矛盾してしまう

【当時のまとめ】

【関連まとめ】
https://togetter.com/li/1202219 - 怠氏(枕狐)が被害者から加害者になるまで

2月17日

有志が怠の現実での被害まとめを作成。
怠氏(@nmc_cc)の受けた被害まとめ→https://togetter.com/li/1200477
怠はまとめ作成の報告を受けるが、スルーする。
(まとめ内にM氏は貼り紙とは無関係と明記されている)

2月21日

怠(@nmc_cc)凍結。
パスワードを忘れたはずの旧裏垢@nmc_roのIDを変更し引っ越し。
騒動から5日後、ようやく貼り紙の件で誤解を招いた件について謝罪が行われる。
M05.png
>1/5 ひとまず先日の件についての訂正と謝罪を。
「Mさんはビラを貼った犯人ではありません」
書き方が悪かったのか誤解している方を見かけたので。M氏は、私が数年前から受け続けている嫌がらせに訴訟を起こしたのを「訴訟で人を脅すなんて人としてやっちゃいけない」と言っただけですので。
>2/5 S氏を始めとした数々のエスカレートするネットリンチ(今回のビラやシールはその延長です)に訴訟で対応する事を人としてやっちゃいけないとはM氏が法治国家で何を仰っているのか私には分かりかねますが、少なくともビラを貼った本人ではないと信じております。誤解を招き申し訳ありません。
>3/5 今回ご迷惑をおかけしてしまった事も踏まえまして、私は今後M氏の事には一切触れず、(勿論M氏が犯人…となったら話は別ですが、ないと信じております)、あらゆる言及、接触を止めると約束致します。Mさん、本当に申し訳ありませんでした。それに加えて→
>4/5 もしM氏の周囲が私に対してまだ真偽不明の注意喚起や過度の謝罪要求を続けるようでしたら、やはりどこかですれ違いや誤解があると思いますので、しっかりとお話するためM氏のもとに直接謝罪に伺わせて頂きます。どうぞ宜しくお願い致します。(続く)
>5/5 また「注意喚起」と称して私の誹謗中傷やデマが書かれたwiki、百科のURLと共に「あの人はこんな人!」と誘導する文面を送りつけられた方々がいらっしゃると思います。その文面をDMでお送り下さい。現在この二者に対する訴訟を進めておりますので、証拠として扱わせて頂きます。お願い致します。

同様に犯人として誤解された注意喚起氏への謝罪はされてない。
今後一切関わらないことを宣言しつつ、「注意喚起が止まないならM氏に直接謝罪する」と現実での接触をほのめかす。

M06.png
>具体的には一週間以内に執拗な注意喚起や謝罪要求が止まなければご本人のところに直接的伺いたいと思います。宜しくお願い致します。
>訂正しようかな。
「少なくとも赤鬼氏が私への粘着(自称注意喚起)を諦めないないなら私は何度でもMさんに誤解を解いて貰うべく直接謝罪しに訪れます」
わかってくれるといいな。

怠に対する注意喚起が止まないなら、M氏に「誤解を解いて貰うべく」「直接謝罪しに訪れます」。

2月22日

「先日のM氏への謝罪を固定にして周知した方が良いのでは?」という意見に対し
M07.png
>一個のスレや数十名の意見が世界の全てになってる方には信じられないかもしれませんが、この世の大半はそんなのどうでもいいんですよ。興味のある方は粘着してでも見に来るのですから、告知する必要も感じませんね。
謝罪はしたが周知の必要はないと断言しリクエストボックスを固定にする。

2月23日

M08.png
伏せ部分はM氏がプロフィールに記載している地名。
注意喚起が止まないことを理由に謎のカウントダウンを開始。
M氏の所在地への訪問を匂わす。(ツイートは削除される)

3月7日

M09.png
>今のうちに言っておく。弁護士と話し合った結果、近々S氏からも和解の報告がなされると思います。そこでM(@ID)さん。あなたは私のことを「住所を調べてS氏の職場に凸した危険人物」として注意喚起しました。そのような事実は無い。デマを吹聴した事に対する謝罪を求めます。

何故かM氏に謝罪を要求し始める。
S氏やM氏や周囲への謝罪を済ませたと主張。

3月10日

M012.png
>Mさんが言いふらしてる「私がS氏の住所調べて電話かけた危険人物」とかいうデマのスクショ、Mちゃんシールにして貼って回っていいです?勿論S氏に真偽を確認してもいいですよ。私は彼の声すら聞いたことないです。

同日
新規取得されたアカウントが怠と同様の主張やM氏注意喚起氏等に対する稚拙な煽りを開始。
怠の受けた被害を「が受けた被害」と語る(該当ツイートは即削除される)。
別人であれば悪質ななりすましなので、怠は通報を呼び掛けるべきである。
→3月20日
該当アカウントの削除が確認される。怠氏からはこのアカウントについての言及は一度もなかった。

3月18日

M氏と怠共に同イベントに参加。
怠の周囲には開催から撤収までスタッフの付き添いがあったとの目撃情報が多数報告される。
特に問題が起こることもなくイベントは終了。
M氏からも無事に終了したと報告がなされた。



【関連まとめ】
怠による凸を臭わせる発言(有志によるまとめ)→https://twitter.com/i/moments/966689027884597248

  • 最終更新:2018-03-20 21:19:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード